スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

あっちからもこっちからも

文句を言う時 
一言もの申す!って時

ものごとを多方面から見たり
考えたりすることって
大切だな と


かくゆうワタクシも 土佐の女らしく
なにかあるとすぐにカーッとなり
シュンシュン沸騰する
ペラペラと調子良くしゃべり 
後ほど恥ずかしい気持ちになる

そしてじっくり考えてみると 

今はそうだけど時間が経てば違うかもしれない
あの人の立場に立つときっとこうだろう
また別のあの人だったらこうだったのかも

人にはそれぞれ事情があり 
それぞれに秘めているものもあるかもしれない
 
自分の中の軸も大切だけれど
いろいろな場所や 方向から考えをそこにむけたら
また違った思いになるだろう

そうすると浅はかな考えや 気持ちの高ぶりだけでは
大声でののしったり 文句を言うようなことには
きっとならないだろうし
前向きな気持ちもうまれるような気がする

文句なんて特にそう
その事があるまでの時間や内容
かかわったひとりひとりの事 
いろいろ考えたら何も文句なんて言えない

自分の立場や状況なんかもすっかり無い事にして
文句をゆっているってことけっこうあるだろう


相手の立場に思いをはせる プラス 
その出来事の後ろの方や横のとこや 前の方なんかも見てみる
考えて 寝かせてみてから 考えを言う 
もしくは言わないくらいの慎重さ

これでいこうと思います








スポンサーサイト

コメント

私もすぐカーッと火が点いてシュンシュングラグラします。
そしてそのテンションで言葉を発して後で悔やむ。
なのでasakoさんの言葉に「ウム、ウム、」と
うなずきながら自分にも言い聞かせて読みました。
今まさに思うところあって、ついつい自分のブログに
そのままの気持ちを書いてしまいそうだったので
asakoさんのところに来て良かったな、と思いました。
抱えた思いを寝かせるために、ひとまず私が寝ることにします(笑)

・・・・・ミーワさんへ


ごめんなさい
遅くのお返事

本当に。
言わなくていい事って 
思っているよりも沢山ありますデス
なかなかうまい事いきませんが
たしかに寝てみるってことは
勇み足を止めるのにいい方法かもしれません 笑
あと美味しいものを食べたり!

  • asako
  • 2011/04/19 14:28