スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

何もない、のではない


asakozirusi のポストカード「あつまりシリーズ」

高知で活版印刷をされている
竹村愛さんにお願いして作ってもらったもの

とても愛着あるものに仕上がって
まだ 今でも 時折 指で撫でてみたりしている

竹村活版室のページでとてもよい感じに紹介してくれているので
この「ホリホリ日記」を見てくれているかたたちにも自慢したくて
今 これを書いています


何もないように見える余白にも何かしら気を配ったり
細工する事で それはただの余白にはならないと思っている

余白をつくるためにはんこを作っているといってもいいくらい

そう 見えないからといって何もない訳ではなく
そこには「余白」「空間」「間」「時間」や「気持ち」がある

そうなってくると暮らしの中 
人とのつきあいなんかだってそうだ

良い具合の「間」がいつだって重要





























スポンサーサイト

コメント