スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

イサム・ノグチな1日

深夜 3:00 なぜか眠れず起きだした祭りバカと私は
「夜中のおやつの時間だねぇ」と 近頃はやりのおぜんざいを
白玉入りで食べておりました
明日から3連休 何する? どこ行く?
高松にでも行きましょうか イサム・ノグチに会いに行こう!

とゆうわけで
高松市美術館「イサム・ノグチ 世界とつながる彫刻展」見てきました 
すみれ先生の解説付き! 
「これはね〜 天狗さんで これは焼き鳥!」
ん〜 そういえばそうだね。。。  楽しく鑑賞

5年程前に イサムさんが晩年 住んでいた香川県牟礼町のアトリエ
イサム・ノグチ庭園美術館」を訪れたのですが
ぐるりと囲む石垣がとても素敵な住居スペース
ひんやりとした空間に作品が置かれたアトリエ
そして一番印象深かったのが お墓
アトリエからすこし登って行った場所にある小高い山
そこから眺める景色 ゆっくりとできる芝生の空間
こんなふうに明るく気持ち良く 皆が集える場所っていいな 
と思った事でした
「あ〜 気持ちいいね〜」 お弁当もってゴロゴロして
時々 故人を思い出したり 昔話したり 
傍らではこどもが遊んでいたり
そんなお墓っていいなぁ〜  

 お昼は
 dodoさんに教えてもらった
 柴洋さん
 オーガニックな
 美味しいランチプレートを
 いただきました

こちらはカレーのプレート
私の好きな
後ひく辛さのカレーでした
芝洋さん とても良い空間でした
お店の方も素敵な方で
「高知すごく好きです〜
 月1で行きたいくらいです〜」
なんて言ってくださっていました




 帰りに善通寺によって
 空海祭りを見てきました

 といってももう夕方だったので
 獅子舞なんかは
 終わってしまっていて
 がっくりと肩をおとす祭りバカ

 それでも菊の展示とか
 ズラーっとならんだ撤収中の
 出店を見てまわりました

 以前 来た時に 善通寺の御影堂の地下にある
 「戒壇めぐり」
 (約100メートルの暗闇の中を参拝する場所)
 は制覇していたので 思い残す事は無く
 今日はこれでサクッと帰りました


スポンサーサイト

コメント