スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

紙屋悦子の青春

紙屋悦子の青春
紙屋悦子の青春
原田知世

憲法記念にあわせて無料上映されていた「紙屋悦子の青春」みてきました
昨年急逝された巨匠・黒木和雄監督の遺作となったこの映画
戦争とうゆう重いテーマの中
前作の「父と暮らせば」と同じく
苦しい日々やつらい記憶と共に
見終わった後 爽やかで清々しい気持ちでいっぱいになる作品でした
人が生きるとゆう事の尊さ
やっぱり 結局は人と人だな
幸せになるのも 平和も戦争も

主演の永瀬正敏が お弁当箱について
何か言おうとこっそり練習してるところが面白かったです
そして あんなにも不器用でニブい彼が
ちゃんと悦ちゃんの気持ちをわかっているところが泣かせました

父と暮せば 通常版
父と暮せば 通常版
宮沢りえ

スポンサーサイト

コメント