少女と植物

先日展示をご一緒したおるがん社のにしおさんの展示です



「少女と植物」

2011  6/17 〜 6/26
11:00 〜 18:30
期間中 23日(木)お休み

名古屋市東区東桜1-10-3 7F
052-951-7117







青緑色したミモザの葉
銀白の尻尾みたいな茅の花穂
草に落ちた露の凸レンズ
羊歯のレースの飾り襟
夜の植物園
古いガラスの温室
菌類のまばたきと囁き

女の子はそんなものが好きでした





夢のようなお庭はにしおさんのご実家
日がな一日 出たり入ったりしたい場所
















おまけの写真は にしおさんが描いた 私!?
ひそかに 宝物


鉄筋ラウンジ

110413_1658~01.jpg



鉄で家具とかいろいろつくってる鉄筋ラウンジ
細いめの布巾かけが欲しくてお願いした


ら 布巾だけでなく 料理本 笊などもOK



口数少なく が いい味だしていて 
グッとくる仕事をする
まるでご本人のよう








110413_1648~01.jpg

すごい作家がいたよ!

この間 天狗高原に行ってて
その途中で休憩の為に立寄った直販

ベンチに小さく店をかまえ 
なにやら作っている
そういえば 前も このおじさんいたな〜
と思いながら遠巻きに近づくと
ビーズでいろんなモチーフを器用に作っている
しかもなかなかの表現力!

おじいちゃんにねだり すみれとくるみが買ってもらっている
ひとつ 250円



いいなー
今 思い返してみても 自分も買えばよかったと激しく後悔
「もぐら」がすごくよかったのに!
今すぐあのおじさんの前に立ち 10個位買いたい









竹村活版室

110203_1425~01.jpg



2月2日
竹村活版室が小さくオープンしました

きりもりするのは 
しずかで ゆっくりで 
でも じっくりとあつい思いで温めてきた事を
確実にかたちにしていくあいちゃん

刷る工程を見ていただけて 
名刺などの相談から注文などをお願いできます



110203_1424~01.jpg



110203_1427~02.jpg




オープン記念の春らしい紙片は
わたしの小春コーナーへ

深いピンクのインクで
もう作られなくなった字形で
「春の氣たつを以て也」

ちょうどオープンの頃から 高知は春の気配










おるがん社 アトリエ探訪



4月の後半にふたり展を予定しています
おるがん社のにしおさんと

なのでいろいろ話したり 食べたり 空想したり 脱線したりしてます

来てもらったり 伺ったりして 交流中







いごこちのいいにしおさん家
日当りもよくってついつい脱線気味
外と中の行き来のしやすい良い家






私 おなかすいてんの
あんた なんかくれんの?くれないの?

メロン姫 すっげースリリング
こんな子に恋したら毎日ハラハラやな



はたらくいふく






はたらくいふく        h  k  b
     
     2010   11月19日(金)ー23日(火・祝)
     12:00ー18:00
     ※20日(土)のみ21:00まで
     ※23日 中庭カフェ decembre 出張販売
          
     PLAT
     高知市はりまや町1-7-5arkBLD 2F
     TEL 088-882-1929

  はたらくことができる
  ちょっとそのへんを行くことができる
  そんないふくの展示販売

  他に はたらくこものも
  バッグ マフラー ショール こざぶとん 




私とhkbさんの出会いはかれこれ
んー 10年近く前になるのかしら
まだ移転前のgraffitiで「星川律子」さんとして
展示会をされていたのを見に行って
すぐさま気にいり 織りのベストを購入

そして名前 「星川」さん なんて。。。 
なんて! 印象的〜 
すごい! すごい作家さんやん! 会いたい!この人に!
そんな出会い

あれからずっと影響をうけ 私のファッションリーダー

数あるhkbコレクションの中でも
私の「はたらくいふく」の代表選手はこちらのエプロン
はんこ先生の時の制服です

これが私の教室をサポートしてくれてる
着ると「よしッ  ふー」 気合いとおちつきをもらってます

料理にとりかかる時
エプロンをきゅっとしめる よし やるよーとゆう気になる
そうゆう感じ みなさんもぜひそんな「これ これ」をみつけてください



     




















まことさんと きみちゃん

おすすめの展示会のご紹介




大好きな作家さん
版画 ドローイング 色使いやえんぴつの線
プレスされた版画の余白についた線や色にもグッとくる
そして人柄もステキなんです 

松林 誠さん
「ペンペン草」
11/3(水)〜 16(火)
10:00 〜 18:00
花と器 SUMI
高知市一ツ橋町2-164-1
088-824-8444

SUMIさんのお花達もお出迎え
私はいつも 「これとこれとこれください」と言って
無造作に包んでもらって 家でいそいそといけるのが楽しみです


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




梶原希美 イラストレーション展
「線」展


11/3(水・祝)〜 11/15(月)
休・火曜

ホントも、ウソも、
見えるものも 見えないものも、
心おもむくままに 線で描きます。

高知市はりまや町3-5-16
美味しいサンドのデサンブルの横ですよー
11:00〜18:30
火曜日定休


希美ちゃんからうまれてくる線は確かにあって確かでないような
ちょっと古風で 心くすぐる存在
狭い通路を楽しく飾っていましたよ
2011 カレンダーもさっそくウチの冷蔵庫に吊るしました
みなさん ぜひー

そしてどんどん奥に入ってruskさんへ
良い色合いのニット物など沢山入荷してましたよ





Niki de Paris 5日間の喫茶店




フランスよりエアメール

トラネコボンボンさんとオルガン社さんとboncoinさん
ピューイ やってくれるね!

もうこの便りが届いただけでずいぶんとみたされた気持ちになる

そう私 はがきを見て ポンと手をうちました
「そうだよ 小さい部屋に行こう」ひとり旅です
あー すごい 楽しみ








ユーモアにユーモアにしてくれる

 


夜の植物園 「2010年博士の旅」

とても楽しみにしていて 
こんなに楽しみに待ち望んではいけないかもと
思うくらいに楽しみにしていました
きっとそんな人多かったはず

期待を裏切るどころかそれ以上の
ドキドキとユーモアをくれました

おそらく 沢山の人にとって
幼少の頃から牧野植物園は
なんとなく側にあり 
それぞれに思い起こす記憶があって
そんなところに一緒に博士と冒険をしたような
そんな気持ちになりました

場所は違ってもそれぞれにそんな記憶や場所があるはず

思ってみればなんでも無いような
なにもないようなそんな場所
そこがかけがえのない大切な場所であって
時間なのかと
大人になってはじめてわかってしまって



この物語 絵と音楽とそこに流れる空気は
牧野博士のように
ユーモアと希望をくれる誇るべき最高傑作
これから先も 沢山の人を
ユーモアに ユーモアに してほしいと思いました


見せてくれて ありがとう



mowちゃんとは

mowcandle

高知でキャンドルを作って 
キャンドルナイトやライブイベントでのデコレーション それから
自分達でイベントをしかけたりなどして活動しているモウちゃん

ぱっと見はチャラい風貌ですが(失礼!)
ひとこと言葉をかわして目をみれば すぐにそうでないと気づきます
礼儀ただしく 人を大事にしてて アツいんですモウちゃんとゆう男子は。

電話かかってきて 相変わらず不似合いな丁寧さで頼んでくれました
ロゴやイラストは決まってて それをはんこにしたいと。




押すものは名刺サイズの土佐和紙
「使える和紙」展で モビールを作る時にコンビを組ましてもらった
若い紙漉職人さんの手漉きでした   
つながってて嬉しい
いちまいいちまい手押しして キャンドルの色が全部違っているそうです

いの町工芸村の「くらうど」でのキャンドルのイベントです

光と音 mowちゃんのキャンドルとセレクトされた音楽
いい時間を作りたいってゆう思いがあつまってる


2010/5/9 (sun)
18 : 00 〜 22:00
お問い合わせは 088 850 5334 (mowcandle)