スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

粟島ではんことmt school

・・・・・訂正

ごめんなさい!本文の中での日程を
11/20としてしまっていました

正しくは 10 / 20 開催です 
なんと!明後日ですね! ひどいですね〜
本当にごめんなさい

 

 




瀬戸内国際芸術祭
秋会期の会場のひとつ 粟島


島の休校になっている小学校で
マスキングテープを使った空間表現や
ワークショップが開催されています

このmt schoolに講師として参加します


10 / 20(sun)
  
  11:00 〜 12:30
  14:30 〜 16:00
  各回 定員20名
  

小さくて簡単なモチーフのはんこを彫って頂きます
そのはんこと 会場にある
沢山のマスキングテープを使って貼り箱を作成します





















 

    










たこりき君の天体観測



星座って興味あるし 夜空を眺めるのも好き
だけど 名前がなかなか覚えられません

詳しくなりたい願望は常にあります
ちょっとした小話もサラッと言えちゃったりするようなね
「あの人 星 知ってるよね」とか言われるようなね



先月岡山の美星天文台に行きました
この町には光害防止条例とゆうものがあって
夜空が見えやすいように過剰な照明を無くし
街灯も空のほうに光がもれないような作りになっているなど工夫がみられます

で すごく大きな望遠鏡があって金星・土星にはじまり
夏の大三角に天の川 などなど夏のおわりの代表的な星を観察する

帰り道 歩きながらもみんな夜空を眺めてる
カシオペアを見て じゃあ北斗七星は?と探す
けっこうずーっと真剣に見たけど見つからない
たしかに冬の星座だけれど下のほうにあるだろうとかなんとか言いつつ
いくらさがしても見つからない やっぱ冬の星座なんだね


車で帰っていると赤い大きな月が出た 
ただならぬ気配の赤黒い月 こわいような



次の日 プラネタリウムで星の勉強

今時期の夜空の様子が流れる
暗い中 丸い大きな天井を見上げ
フムフムと解説を聞く わかりやすい

夜があけてきてすこしずつ空が白みはじめた
そしてご登場 
出ました 北斗七星

あぁ なんかわかんないけど随分と探したよキミを
みたいな感じで ひとり苦笑いする



そんなコトがあって 
10月の「たこりき君の日々」は天体観測



カシオペアのすぐ近くには北斗七星はいないんだね!

話が長かったね!

















コウモリに萌えた夏 

少し前の話ですが


長女すみれの夏は
コウモリにはじまりコウモリに終りました
大げさ?



夏のおわりの天狗高原は秋の気配









おるがん社さん(専務さん)との縁で何度かコウモリについて知るうちに
毎年 夏の自由研究を熱心にやっているすみれが
「今年の自由研究はコウモリでいく!」とハチマキをキュっと結びました

私も知れば知るほど「へ〜」となるコウモリ達に興味が出始め
「おう!やろうぜ!やってやろうぜ!」とハチマキ・・・・・



いえいえ さてさて いろいろと下準備の勉強を経て


いざ!天狗高原でのコウモリ調査に同行させてもらい
日暮れから深夜にかけての捕獲調査を見学

なんとそこで
高知県で初観測のコウモリが
3種も捕獲されて先生や学生さん達お祭り騒ぎ

大人が真面目に 楽しげに? 真剣に
けれどユーモアたっぷり みたいな現場を目の当たりにできて
コウモリももちろんだけど その大人達を見れて私は嬉しくて
それをすみれも渦中で体感できてホント良かったなぁと
満ち足りた一夜だったのでした



そしておかげさまで ものすごいスクープ記事満載の
夏休みの自由研究「コウモリっておもしろい!!」が完成しました

今年も「小中学科学展」入選なるか!?
いや なるでしょ!だって号外だもん!スクープだもん!
上位にくい込むでしょ!


























おまけ


この夜
おるがん社(社長)のアウトドア料理が予想外にすごくて
美味しいし 楽しいし 寝たくないしで すごく贅沢なキャンプだった


そろそろ涼しくなってきたし
山か高原で 野鳥と星と外メシ
また行きたいです



















活版印刷の本



活版印刷がじわりじわりと人気です

厚紙にしっかりと圧をかけて凹まされた文字は
なんだかじんわりと嬉しく
見たりさわったりしたくなるように思います

けれど昔 活版印刷が全盛だった頃は
そんなに凹ますなんてへたくそのする事だったんだそうです

今ではなんとなくノスタルジックとゆうんでしょうか
手のあとが残ってるようでぬくもりを感じます


ショップカードやフライヤーなんかにも
活版印刷が施されているのをよく見かけるようになりました
なんか良いなと思って手に取ったカード
じっと印面をみると活版印刷だとゆうことも多いです

活版印刷には気配があるように感じます




「活版印刷の本」 著:手紙社








高知の竹村活版室さん掲載されています

きりもりする愛さんの活字のチョイスや組み方
余白のあるバランス 色選び 紙選び さりげないけれど 
刷られたものを拝見すると やっぱり愛さんの気配がします




竹村活版室とasakozirusiで作ったレシピ箱も載っています


「記憶の味を大切に残す、自分だけのレシピ箱」

おばあちゃんの味 お母さんの味 自分家の味
あの人に教わった料理 旅の思い出の味
そんな 大切にしたいレシピを箱に入れて

































私も母から教わった酢飯の調合具合や 
美味しいと好評の親子丼の味付けの分量など
目分量では出ない味を残しています

このレシピ箱のことも 
コチラで またご紹介する予定です



sumicaさんも書いてくれてます
自分達が作ったものが
こうやって暮らしの中にあると思うと本当に嬉しい気持ちです







たこりき君の夏の日々


たこりき君の日々


7月は「シャンパンの泡」






8月は
もう暑すぎちゃって
かき氷の上に乗っちゃいました
























9月
やっと少し秋の気配











ボルダリング


くるみは柔軟性があって
体の使い方が上手







すみれは体がかたいけど
真面目さと頑張りであんな上まで行く
8m越え




































ファイティング風船







高知ファイティングドックス

くるみ「今日も負けたでー。でも、風船が面白いがよねー」





























暑いんだもん飛ぶしかないよねー

いやはや この夏は暑かったなぁー
もうどうもできんよ とゆう事で

とにかく

飛んで





飛んで




















飛んでッ






飛んでーッ





プカ〜ン としていましたヨ!














トリぞうの夏休み



RUFDiPさんとこのトリぞうくんの夏休み

































本の森図書館



リニューアルオープンした
高知県高岡郡越知町の「本の森図書館」

図書館バックへのはんこ 
と言うご依頼でデザインしました